메인 비주얼

スローライフ 食卓の分かち合い
──

世界の人々と共にします

スローライフ 食卓の分かち合い

スローライフは「食卓の分かち合い」です。

暮らしの根本は農業であり食べ物です。
農夫が畑を耕して生命を育てれば、私たちは食事の準備をして分かち合います。

日常の楽しさを見つけ、不必要なエネルギーを集め
様々な物を分かち合って使うことも、食事の準備と同じです。
スローライフは幸せな食卓を作る道具です。

「近所の人と家族が、都市と農村が、生産者と消費者が、経済、社会、福祉、
文化、未来を互いに分かち合う時、みんなが幸せになる」
健康、環境、共感、スローライフの3つの価値の根元である
茶山チョン・ヤギョン(丁若鏞)の実学思想から得たもう1つの教訓は分かち合うことです。

分ける合うことが幸せの出発地であり終着駅だとすれば、
食卓は分かち合いの出発地であり終着駅です。

スローライフの食卓の分かち合い、
世界の人々と共にしなければならない理由です
食卓は分かち合いの出発地であり終着駅です。

탑버튼